コラーゲンの特徴と摂取方法

体内の3割を占めると言われるコラーゲン

エステティックサロンコラーゲンとは、タンパク質の一種であり、人間の身体を構成するタンパク質全体の約30%を占めています。さらには、その約30%のうちの4割が皮膚、2割が骨や軟骨、残りの4割が血管や内臓に存在し、体のすみずみに広く分布して、細胞と細胞を結ぶ働きをしています。

コラーゲンは老化に伴い、少しずつ体内から減少していく

そして、年を重ねるにつれ、体内から減少していく成分でもあります。ゆえに、食品やサプリメントで補う必要があります。現在では、錠剤やドリンク、パウダータイプ、ゼリーなど、さまざまなタイプのサプリメントが販売されています。

コラーゲンの役割

 コラーゲンには弾力性があり、身体の弾力を作り出しているタンパク質となります。美容面では、肌にハリや潤い、ツヤをもたらす美肌効果があり、健康面では、関節痛を緩和する効果、骨を丈夫にして骨粗しょう症を予防する効果、血管内で動脈硬化を防ぐ効果などを期待することができます。さらには、白髪や脱毛の予防効果も期待することができます。

コラーゲンを食材から積極的に取ろう

 コラーゲンが多く含まれる食材としては、豚足や牛スジ、鶏軟骨、鶏皮、魚皮、フカヒレ、エイヒレなどが挙げられます。加齢によって、体内に存在する「量」が減少するだけではなく、「質」も低下してしまいます。また、加齢以外にも、紫外線やストレスなどによって発生する活性酸素によっても、「質」は低下してしまうのが現状です。質が低下すると、新陳代謝スピードが遅くなり、新しくこの成分が作られにくくなります。ゆえに、食材やサプリメントで補うことが重要というわけです。
 ちなみに、活性酸素とは、普通の酸素に比べて強い酸化力を持った酸素のことです。体内で過剰に活性酸素が発生すると、脂質やタンパク質、DNAなどに影響を与えてしまい、老化の原因になるといわれています。